--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 02. 27  
 こんばんは。(・0・。) です。

 2月も残りわずかとなったこの土日に、(・0・。) の友人が一家そろって遊びに来てくれました。
 その友人は毎年家族を連れて家に遊びに来てくれるのですが、今年は特にうれしかったです。なぜかと言うと、友人が自分の子供に「ディズニーランドにでも遊びに行くか?」と聞いたところ、

 「雪のおじさんのところがいい」

 と言ってくれたらしいです。毎年一緒に遊ぶのでそう言ってくれるのかと思って今年もサービスしました。
 落とし穴を掘って落としてやったり、かまくらを掘ったり、近くの田畑の斜面でそり遊びをしたりしました。内貝津(うちがいつ)の畑は広いし、雪が段差を斜面にしているのでそりで滑るのは最高に楽しかったと思います。

 そして今日はウイングヒルズでスキーをしました。

DSCF4650.jpg

 ここはゴンドラの頂上です。見晴らしがよくて記念撮影をしました。他のグループの子たちも記念撮影をしていました。写すのを頼まれてシャッターを押しました。スキー場はいろいろあるのに石徹白のスキー場によく来てくれたと思いながら写真を撮ってやりました。

 石徹白は今年の2月もほとんど雪が降らず、天候がよくてどんどん融けていっています。道はアスファルトが出ていて来るのも容易かと思います。でも3月になったらまた少し雪が降る予想のようです。

スポンサーサイト
2011. 02. 21  
昨年に引き続き、今年も、いとしろ青空学校「かんじき体験」、開催しました。

初日は、かんじき体験、キャンドルナイト、地元との交流会
二日目は、地元小学生との雪上運動会、くくりひめランチ という、
盛りだくさんの企画です。

今年も、郡上の自然体験のNPO、「メタセコイアの森の仲間たち」による「郡上ワゴン」という企画と、共同開催でやらせていただきました。


DSC00112.jpg
こちらは、最初の日の、かんじき体験。
かんじきをはいて、大雪原をバックにパチリ。


DSC00097.jpg
最初は、かんじきのはき方を教わるところから始まります。


DSC00100.jpg
まずは、かんじきで歩く練習。
かんじきを履いていないと、長靴全体が、ずぼっと雪に埋まってしまいます。


DSC00113.jpg
途中で、どれぐらい雪が積もっているか、調べてみようと、スコップで掘り始めました。


DSC00121.jpg
掘っても掘っても、なかなか先は長い!


DSC00122.jpg
この写真は、雪の中に座っている写真ではありません!
男の人たちが掘った穴の深さはなんと、160センチ以上。
その穴に立っている写真なのです。
これだけ掘ったら、地面がようやく出てきました。


DSC00129.jpg
続いて、山の斜面で、ビニール袋を使って、そりすべり。
かなりスピードが出て、スリル満点です。


DSC00139.jpg
頭から滑ってみたり。


DSC00141.jpg
途中で反転して、


DSC00131.jpg
雪まみれになることも。


夜のキャンドルナイトについては、こちらをご覧下さい!


DSC00209.jpg
二日目は、郡上ワゴンのメンバーと一緒に、小学校にて雪上運動会!
なんと、石徹白小学校の児童12人全員に、保育園の子、中学生の子も、参加してくれました!


DSC00214.jpg
雪上ドッヂボールをしたり、タイヤチューブを使ったそり遊びをしたり。
僕自身も今年は、中に入って遊んじゃったので、写真がほとんど撮れませんでした。
写真が手に入ったら、また、ブログでお知らせしますね。


その後は、くくりひめランチ。
今回のメニューは、
猪肉入りのほうれん草カレー、温野菜サラダ、かぼちゃぜんざいでした。


写真、撮り忘れちゃったんだけど、参加してくれた人がアップしてくれた写真を紹介します。
http://yfrog.com/h3fbxej
http://yfrog.com/gz98vfoj


特に、かぼちゃぜんざいの美味しさには、皆さん感動してくださってました。


この、かんじき体験&雪上運動会は、今年で二回目でしたが、
天気にも恵まれ、楽しい二日間になりました。
雪上運動会は、子どもたちも楽しみにしてくれているようで、
すっかり定番になりそうです。
しかも、今年からは、キャンドルナイトも始まりました。

また来年も楽しみです。


参加してくださった皆さん、ありがとうございました!
スタッフの皆さん、おつかれさまでした!
2011. 02. 20  
ひらのです。

ほほーっさん、サユールさん、イベントの名前が間違ってますよ~。
正しくは、「星降る里のキャンドルナイト」です。


写真、たくさん撮ったので、アップしますね!

DSC00180_20110220232854.jpg
どうですか、この幻想的な風景!
小学校の校庭で、小学生の子達がつくった作品ですよ!!
photo by りんごさん です。


DSC00150.jpg
こちらは、民宿幸二さんがせっせとつくってみえる
石徹白名物のかまくらの前。
どこか、違う世界へといざなわれていくようです。


DSC00166.jpg
県道沿いは、光の街道となっています。


DSC00170.jpg
かぐや姫(?)でも生まれてきそうな、三日月の光。


DSC00175.jpg
キャンドルの灯りににうっとり見とれながら、散策です。
いとしろ青空学校「かんじき体験」&郡上ワゴン「雪遊び体験」に参加してくださった皆さんは、石徹白の新たなイベントが誕生する、この歴史的瞬間に立ち会うことができました!


以下、おまけ写真。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
2011. 02. 20  
こんばんは、サユールです。


さて、早速(・0・。) ほほーっさんのご希望通り昨晩行われた「星降る里のキャンドルナイト」について報告いたしましょう。

今回の「星降る里のキャンドルナイト」は同日19日と20に掛けて行われたいとしろ青空学校の「かんじき体験」と連動する形で行いました。
実はこの日は石徹白ではシャーロットタウンスキー場でも毎年恒例の「いとしろ雪まつり」が行われてスキー客につきたての餅(きね&うすで搗いた)や豚汁がふるまわれたりということがあったり、好天に恵まれたおかげかスキー場も沢山のお客さんでにぎわっていたりとなかなか賑やかな日でした。

準備には有志であつまった石徹白住民やわざわざ名古屋から来てくれた人たちなども入れて早い人は午前中からルートに指定された道沿いの雪壁に穴を掘って準備をしました。

小学校のほうでは小学生たちが集まって思い思いに自分たちの作品(?)を作っていました。

夕方近くなりいよいよ日も暮れはじめた5時半頃、いよいよろうそくに火を灯していきました。

一つ一つろうそくに火をつけていくと、自分でもビックリするくらい光景が変わり、あっという間に周りは幻想的な空間に変わっていきます。子供達もチャッカマン片手にあちこちのろうそくに火をつけて回りましたが、そのたびに「すごーい!」「きれーい!」と歓声を上げていました。

110219_181527_ed.jpg 

これは学校の校庭に作られた小学生たちが作った「作品」です。写真ではいまいち感動が伝わり切らないもどかしさを感じるくらい、実物はキレイです。

110219_181456_ed.jpg 

これは学校にある雪山に作られたロウソク・ロード。この上にも幾つもの「作品」が並べられていました。

110219_200445_ed.jpg 

通りにはこのように雪壁に開けられた穴のなかにろうそくが灯されました。

この日は空もとても晴れており、その名の通り”星降る里”のキャンドルナイト。かんじき体験や同時開催の郡上ワゴンの参加客以外にもシャーロットタウンのスタッフの人たちや地元の方々も沢山沿道にでて見て下さったようでした。そして、一様にその素晴らしさを口々にされていたのがとっても印象的でした。さっそく「来年もやろう」「毎年の恒例行事にしよう」という話も飛び出たり・・・。



あたらしい石徹白の名物が誕生した瞬間かもしれません。
2011. 02. 19  
 こんばんは。(・0・。) ほほーっです。

DSCF4632.jpg

 今日は石徹白で「星降る夜のキャンドル・ナイト」というイベントがありました。石徹白の夜道にろうそくを灯してそこを散策するというイベントで、伊豆原さんが企画しました。

DSCF4625.jpg

 幸二さんのかまくらからまごえまでろうそくの明かりでつなぎます。(・0・。) は仕事が終わって9時過ぎてました。所々消えている箇所もありましたが、割とまだ光っていたので嫁さんとマリボンと一緒に見てきました。

DSCF4633.jpg

 途中小学校のグラウンドにもろうそくの明かりがありました。昨日今日と満月の夜空、雪に覆われた石徹白の夜景は驚くほど明るいのです。空もうっすら青く見えるほどです。月がないときはプラネタリウムくらい星がきれいだったりします。

DSCF4643.jpg

 このイベントは夜6時から8時までのイベントだったので、参加者がどんなカンジだったかは分かりません。なので分かる人はブログにあげてくれるとうれしいです。

2011. 02. 15  
 こんばんは。(・0・。) ほほーっです。巫女のブログ、拍手40超えしました。拍手をくださった皆さん、ありがとうございます。まだ見ていないという方はこちらからどうぞ

 このブログは石徹白区公式ホームページ「石徹白人(いとしろびと)」の姉妹サイトです。なのでメインはあっちなのですが、ホームページはなかなか更新作業も大変なのでこちらで楽しんでもらおうと思って書いています。最近はメインを無視している感もイナメナイですが(^▽^;、ここに来てくれる人の半分はホームページから経由して来てくれているようです。

 ところで今の更新でホームページの石徹白暮らし体験談第六号にうちの嫁さんが紹介されています。こんなインタビューですが、よかったら読んでやってください。
 くくりひめのみんなには「ブログ書いて、ブログ書いてっ」ってお願いしているのに、嫁さんはここのブログに全く興味がないようです。どう思いますか?(^▽^;。

 それとホームページのマスコットキャラクター「いとしロット」の部屋も更新されています。ゆるキャラなんですけどかわいいのでよかったら見てください。

 東京など太平洋側の地域では、今シーズン最高の降雪のようですね。みなさん雪には慣れていないでしょうから、スリップ事故などが心配です。どうかお気をつけてくださいね。
2011. 02. 13  
先週の木曜日、2/10にいとしろシャーロットタウン・スキー場で毎年恒例のふれあい雪の集いが行われました。


こんばんは、サユールです。実はこの記事おとつい書き始めて、昨日ようやく仕上げたのですがアップ直前に操作ミス、全てパア・・・という一件がありまして、今日あらためて気持ちを入れ替えて仕上げました。よってこのように遅くなったというワケです。


これは石徹白小学校と石徹白公民館とで行う行事です。石徹白ではこのように地区と小学校が合同で行事を行うということが多く、他にも運動会、文化祭、また夏の白山清掃登山などもそうです。

さて、この雪の集い。昨年は1月までの大雪が2月に入ってからはうって変わって全く雪が降らず、当日になって大雨になる始末で中止になる、という憂目に遭いました。今年も雪はかなり多いのですが、やはり2月に入って以来ほとんど降ることはありません。それでも冷え込みだけは変わらなかったので雪と雨の心配はないだろうなぁ~、と思っていました。

ただ数日前にスキー場のリフトにトラブルがありちょっとヒヤヒヤしましたが、皆さんの御努力のおかげで無事回復し、当日を迎えることが出来ました。

110210_084147_ed.jpg

雪の集い、前半は小学校児童の検定試験が行われます。
皆、これまでの練習の成果を十分に発揮したことでしょう。今年は地区から講師を3名招き、スキー教室で指導をしていただいたこともあり、より的確なアドバイスをしてもらえたようです。

110210_093827_ed.jpg 

当日は郡上ケーブルテレビも取材に来ていました。

110210_095925_ed.jpg 

さて、引き続き区の雪の集いに入ります。最初は小学生高学年とその保護者&校長先生による、プラカードを持ちながら滑るオープニングセレモニーです。
ま、僕も保護者ですが、スキーは下手なもんですので今回はパスさせてもらい、こうして写真を撮る側におりました・・・すみませんでした。

110210_111653_ed.jpg 

雪の集いではいろいろ行われますが、一番の目玉といえるのがタイム・スラローム。
自分で事前に申告したタイムに一番近いタイムで滑ってきた人が優勝となります。小学生の部、一般女子の部、一般男子の部でそれぞれ3位までの方が入賞ということで賞品が出ました。

今回は今までになく石徹白の若奥様の出場が多く、なかなかの賑わいでした。
一般男子の部でも石徹白人以外にもスキー場のパトロールやディガ―のメンバーの人たちも沢山出てくれました。

写真は小学校のY教頭先生です。教頭先生は話によると今回でスキーの経験がたったの7回目だということ!なのに今回見事に2位(3位だっけ?忘れちゃいました)に入賞という快挙を果たしました。素晴らしい!


この後も大人も子供も混じってのソリ競争や雪上パンクい競争など、大人げなくも真剣に勝負する面々に皆さん大笑いしつつ、盛りだくさんの競技は終了しました。

**************************************************************

お昼はスキー場のレストランで皆さん済ませた後、今度は小学校の家庭教育学級として『親子かんじき体験』が行われました。

110210_133424_ed.jpg 

講師は昨年まで石徹白小学校の教頭をされて、この「石徹白ニュース」にもたびたびコメントを寄せてくださるS.S先生です。
実はこの「かんじき体験」は昨年も企画されていたのですが、例の雨のためあえなく中止となってしまい、今回その借りを返す形で、S.S先生も事前準備も果たすなど万全の態勢で臨んでいただけたようです。

場所はスキー場に隣接するキャンプ場でした。最初はかんじきを履かずに靴だけ(つぼあし)で圧雪していない雪の上を歩き、そのあとかんじきを履いて、その違いを実感してみました。

石徹白でもかんじきを履く機会はありそうであまりない人も多いと思いますので、子供達はもとより特にお母さんたちにもよい経験になったのではないでしょうか。

110210_134553_ed.jpg 

写真はかんじきを履きながらの雪上リレーの一幕。このあと親子対決競争もやりました。めっちゃ疲れました。


来年も今年くらいのよい天気で盛り上がれる雪の集いが出来るといいですねぇ。僕も来年こそはスキーの練習をして臨もうかと・・・約束はしませんけど。

2011. 02. 12  
 こんばんは。(・0・。) ほほーっです。三連休ですね。

 先日10日はイトシロシャーロットタウンでふれあい雪の集いがあり、小学校、地域の人とスラロームや雪上のゲームなどをして半日を楽しみました。シャーロットタウンのお食事割引券がいただけて、家族で一緒に昼食をとった家族も多かったことでしょう。残念ながらその日(・0・。) は日勤で参加できませんでした。このイベントを誰かにブログで紹介してもらいたかったのですが、数日様子を見てもその気配すらありません(><。)

 東京など太平洋側の地域に降雪があったようですが、石徹白は雪は降っていません。道もアスファルトが見えている状態ですが、明日は雪が降るかもなので、やっぱり準備は万端にしてきてくださいね。今日はシャーロットもウイングも今シーズン最多と思われるお客さんがいらしたようです。どうもありがとうございます。

 写真は先回のくくりカフェで出されたパンセットです。次回のカフェは30日です。このブログを読んでくれている方はぜひお越しくださいませ。

moblog_d1dabe19.jpg
2011. 02. 07  
 こんばんは。(・0・。) です。巫女のブログで拍手を30もいただきました。ありがとうございます。

 今日は2月の検針の二日目でした。今日は西在所と下在所を回ります。今日のほうが時間がかかります。

 こんなお宅がありました。雪降ろしをして、玄関まで埋まってしまっています。ここも検針しなければいけないのですが・・・。

DSCF4584.jpg

 スコップで掘っても掘っても入り口が見えません。スノーカットを取り出したのですが、実はまごえの雪降ろしのとき、重い雪のカタマリをすくって屋根から落ちないように踏ん張っていたとき、スノーカットを持っていた左手が重みに耐えられずに離れて、その手が左胸を強打するということが起きまして。骨は折れていないと思うけど痛くて痛くてスノーカットが扱えません。

DSCF4586.jpg

 痛みがなければなんてことないのですが入り口まで掘れなくて、

DSCF4585.jpg

 石徹白の家には中二階にこういう入り口がある家が多くて、昔は雪で玄関が埋まるとここから出入りしていたそうです。家主さんに電話してここから入る許可をもらって家の中に入って検針をしました。

 最後の難関は桧峠にある、携帯電話会社のアンテナ3本です。

DSCF4591.jpg

 AUは掘らずにメーターが読めて、ドコモは少し掘っただけで読めてラッキーだったけれど、ソフトバンクが埋まっていて。2.5メートル程雪を掘ってメーターを発見。

DSCF4598.jpg

 なぜ埋まるのかというと、ウイングの駐車場の除雪のため除雪車が雪を飛ばすからです。仕方ないけどね。でも満天の湯の入り口のところのメーターや、ウイングヒルズのメーターなどは除雪してくれていてありがたかったです。

DSCF4596.jpg

 桧峠からは景色がよく見えます。これが白鳥高原スキー場と毘沙門岳です。毘沙門岳には登ったことがないです。

DSCF4600.jpg

 これがウイングヒルズと満天の湯です。DJの声と音楽が山に響いていました。
 
DSCF4599.jpg

 これが峠から見た石徹白の集落と山です。山の名前がいまいちよく分かりません。

DSCF4593.jpg

 これで2月の検針がやっと終わりました。
2011. 02. 05  
 こんばんは。(・0・ )です。今日は暖かかったですね。

 昨日特産品開発の会が終わったあと、公民館長さんからまごえの雪降ろしを頼まれたので、今日やってきました。

 まごえは屋号で、今石徹白の特産品開発に携わっていただいている、伊豆原さんが住んでいる民家です。

朝8時に向かってまごえに着くと、今シーズン1回は降ろしたらしく、屋根のぐろ(端っこ)だけ降ろした形跡があります。でもそこにも80センチくらいの雪が積もっていました。

 そこの雪は軽いので、スノーカットでササッと降ろしましたが…(^▽^

 問題は今シーズン一回も手をつけずに積もった雪の塊が、昔の家だもんで屋根がかなり広い、そこに150センチくらいの高さでずーっとある訳ですよ。

 まずは上の雪の層を80センチくらい落として、次の層を掘るのですがこれが硬くてアルミのスコップでは歯が立ちません。結局スノーカットを縦に入れて足で踏み込んで屋根から落としました。あんまり硬いんで、下に落ちても崩れず塊のままでした。

DSCF4578.jpg


 結局屋根の半分しかできませんでしたが、反対側は公民館長さんがスコップで地道に降ろして、大体すみました。

 それで12時になったので家に帰って昼食をとり、疲れたので横になったのですが、足の指や背中がつって痛いので久しぶりに芍薬甘草湯を飲んで寝ました。

 公民館長さんは昼からも仕事やったんやろうな。ご苦労様でした。

 伊豆原さんには休憩のお茶とお菓子をご馳走になりました。どうもありがとうございました(^▽^。

プロフィール

石徹白人

Author:石徹白人
石徹白(いとしろ)のささやかなニュースを発信するサイトです。
石徹白公式HP「石徹白人(いとしろびと)」制作委員会によって運営されています。

★石徹白ってどんなところ?★
岐阜県郡上市白鳥町石徹白。
岐阜県と福井県の県境・白山国立公園の南山麓に位置する小さな集落です。詳しくはこちらをご覧ください。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
596位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
20位
アクセスランキングを見る>>
石徹白人オンラインショップ
 

 おまたせしました。ついに、石徹白人オンラインショップがオープンしました!!

 Tシャツ、絵葉書、切手などなど、石徹白オリジナルグッズ、多数販売しています!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。