--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009. 12. 22  
 こんばんは。(・0・。) ほほーっです。

 ここ数日の大雪、すごかったですね。雪降ろしのことなどブログに書こうと思ったのですけど文章がうまくまとまらなくて書いては削除していました。ここのブログでも大雪のことを心配してくださる方が大勢みえるようでありがたいなーって思います。

 土曜日の夜、白鳥から家に帰ろうと車を走らせていると峠道の途中で隆雄くんと義和のクルマの後ろに着きました。渋滞していたので待っていたのですが、渋滞が解消して「さあ発進」とアクセルを踏んだら自分のクルマが動かなくなってしまひました。後ろに並んでいたクルマの人たちが押したり引いたりしてくれたのですが、タイヤが穴を掘ってしまいむなしく空転するばかり・・・。除雪に来ていた哲也さんに泣きすがり、ロータリーで牽引して脱出させてもらいました。哲也さんと留一さん、ありがとうございました。後ろのクルマに乗っていた、クルマを押してくださった皆さん、ご迷惑をかけてすみませんでした。

 それから家に向かって走り出したのですが、道はクルマが一台通った跡を、他のクルマがトレースして走っていった様子。しかもわだちが狭いので軽自動車のあとを他のクルマも続いたようで、両端にはふかふかの新雪が70センチくらいだったのか・・・。ハンドルを切りそこなえば新雪に突っ込んで身動きが取れなくなることは明らかで、もう緊張しながら走りました。

 そして石徹白の区内に入ったらなんと、道は新雪で埋まっていて、除雪のあともクルマの轍もありません。やむを得ず愛車のエスティマでラッセル車のごとく走り出したのですがクルマのヘッドライトは雪に隠れ、舞い上がった雪で前も見えず、あと家まで300メートルというところで動けなくなりました。バックもできないのでクルマを降りようとしましたが、雪が深くてドアが開きません。それでも無理やり開けて家まで歩くことにしました。雪は膝の上まであり、雪をこざいて(石徹白の言葉で「足が雪に埋まったままの状態で歩くこと」)歩き、ようやく自宅に到着。夜中2時でした。身体はすっかり冷え、濡れた服を脱いで全裸になりましたが気温8℃の部屋は全然寒くなく、それからぬるい風呂に入りましたが、温かかったです。

 それで寝られたらいいのですが、乗り捨てたクルマが道の中央に置いてあったのでは除雪の邪魔になると思い、家から除雪機を持っていき車を端っこに寄せることにしました。除雪機はキャタピラーですが、除雪をしながらでないと前に進まないほどの積雪だったので雪を飛ばしながらようやく乗り捨てた車のところまでたどり着き、クルマの周りを除雪し始めたら土建のブルがやってきました。土建のブルは(・0・。) のクルマの横を通れたので除雪に支障はなかったのですが、クルマが動かなくなりました。芳若さんは車が動かないことに気づいてくれて、(・0・。) のエスティマを牽引してくれました。芳若さんありがとうございました。そうして家にたどり着いた時には時刻は朝6時になっていました。

 日曜日は午後から仕事だったので、嫁が夜勤から帰ってきたら嫁の乗って来たジムニーで職場に行くことにしました。渋滞だったからといって遅刻する訳にはいかないので、嫁と入れ替わりに12時30分に家を出て、職場に2時に着きました。3時から7時まで仕事をして帰りましたが、その頃には石徹白の道は完璧に除雪がされ、夏場と変わらない時間で帰ることができました。


 という訳で、くくりひめの一日カフェ開店当日は参加することができませんでした。カフェがあったのかなかったのか分からずにいたのですけれど、ブログで開店できたことを知り、本当によかったなと思いました。ただこの大雪がなければもっとたくさんの方に来店してもらえたはずですから、残念と言えば残念ですが。でもそんな状況のなか来ていただいた30数名の皆さん、どうもありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

 

追伸 結局どのくらいの積雪があったかと言うと、1.5メートルから2メートル積もりました。

ブログに載せようと思っていた写真をここに載せます。

2009121910100000 (1) 2009121910120000.jpg 2009121910390000.jpg 2009121911280001.jpg



Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
石徹白への道
NEW Topics
キャンドルナイト☆ミ
1月号 (奇跡の2本目)
1月号
10月号
9月号
8月号
7月号
ほ、ほ、ホタル
Comment
No Title
こんにちは、ほほーさんのブログ、いつも楽しみに読ませてもらっています!

それにしても、大変な一日でしたね・・・。
ものすごい状況の一部始終を読ませていただけて、石徹白の雪の大変さを改めて感じました。

私たちも土曜日の夕方に石徹白につきましたが、カルビラの先は除雪の後に積もった雪が30センチ以上あって、私の小さな車でラッセルしながら走りました。下り坂だったので何とか止まることなく、たどりつくことができましたが・・・。

これが日常だったら大変なんだろうなと思いつつも、雪があるからこその、石徹白のよさみたいなものを感じました。(実際に住んだらそんな悠長なこと言ってられないのかもしれませんが・・率直にそう思いました!)

雪はこわい!と思っていたけれど、今回石徹白に来て、ますます石徹白に住みたい気持ちが高まりました!
No Title
 kaorino さま
コメントありがとうございました。雪の大変さが伝わるといいなぁと思って書いたブログですが(^▽^;読んでいただいてうれしいです。除雪はたいへんですがそれに負けない暮らしができていたら雪はそんなに嫌ではない気がします。住んでいることが誇らしい、みたいな(^▽^。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

石徹白人

Author:石徹白人
石徹白(いとしろ)のささやかなニュースを発信するサイトです。
石徹白公式HP「石徹白人(いとしろびと)」制作委員会によって運営されています。

★石徹白ってどんなところ?★
岐阜県郡上市白鳥町石徹白。
岐阜県と福井県の県境・白山国立公園の南山麓に位置する小さな集落です。詳しくはこちらをご覧ください。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
889位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
35位
アクセスランキングを見る>>
石徹白人オンラインショップ
 

 おまたせしました。ついに、石徹白人オンラインショップがオープンしました!!

 Tシャツ、絵葉書、切手などなど、石徹白オリジナルグッズ、多数販売しています!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。