--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 04. 26  
 昨日の出来事ですが、昨日はこれから書きます出来ごとと夜はこの前のエントリーでも(・0・。) ほほーっさんが書いている通り、歓送迎会があってしこたま飲んだので昨夜は書けませんでした。


こんばんは、昨日の筋肉痛&腰痛&二日酔いで一日エラかったサユールです。


昨日は石徹白の有志と関係団体からの応援の方とともに石徹白からの白山登山道にある神鳩ノ宮避難小屋(神鳩(かんばた)避難小屋)の”清掃”のために行ってきました。

ま、小屋の清掃については毎年7月の第四日曜日に行われる白山道清掃登山でするのですが、今回は特別です。というのも”清掃”するのが、ハッキリ書きますと神鳩小屋のトイレに溜った、所謂「糞尿」だからです。

いろいろな経緯があったようですが、そのあたりの事情ははしょりまして、とりあえず朝7:00に中居神社に集合しました。
メンバーは石徹白からやすはるくん、幸三さん、政時さん、恵治さん、そして僕の5名。さらに”石徹白写真館”にも写真を提供してくださっており、山登りが得意の曽我隆行さん。さらに環境省、岐阜県、郡上市から2名、合計9名で出発です。


      大杉0426 
いつものように石徹白大杉昇り口に車を置いて登ります。いつもながらこの大杉までの420段の階段がキツイ。あ、今回は階段のほとんどが雪に埋まっていたので階段は登りませんでした。それにしても雪と大杉という景色は初めてみました。

yaskoz0426.jpg 
この日は本当によい天気でした。真っ青な空に白い雪。このコントラストが素晴らしいですね。いつも登る清掃登山の時は夏なので木や葉が生い茂っていて見えなかったものも今日はいろいろ見えたような気がしました。

おたけり坂0425 
最大の難所、おたけり坂も雪ですっかり埋まっていました。

在所0425 
ちょうど真ん中くらいにシャーロットタウン・スキー場のゲレンデが見えます。メチャメチャキレイでした。






かんばた小屋0425 
そうこうしてやっと神鳩小屋につきました。

途中から前石徹白小教頭の杉山先生が合流しました。杉山先生はすでに銚子が峰まで行っていて、そのままかんばた小屋のこの作業に参加してくださいました。先生はこの日の夜に行われた歓送迎会の主役の1人でもあります。


まず手始めに雪囲いやその他降雪時期の前に取り外していた雨どい等を付け直す作業から始め、食事を取ったのち、いよいよ”清掃”開始です。



清掃作業10425 

作業員は全身防御。まぁ、相手が相手ですから、気をつけたくもなります。

清掃作業20425

これ以上はなかなかお見せしたくない画像ですが、しかし気になったのは糞尿そのものよりもその中に混じって捨てられていたゴミの多さでした。中にはお菓子の袋などもありました。こういったものがあるというのは残念ですね。






帰還0425 

最後は完全密閉を施し、ロープで結び雪の上を滑らせながら在所まで持ち帰りました。

それにしてもこの光景と運んでいるモノの落差がスゴイですね。実際どこの山小屋管理においても糞尿の処理、とりわけそれにかかる経費というのは難しい問題ではあるようです。


本当はこの下山の道中が一番大変で、近道するつもりだったのが行くことができなくて、結局登山道に戻るために尾根を余分に2つも超える破目になってしまいました。降りるときはまだしも、藪の中をこのモノをロープで引き上げるのは大変でした・・・。ほとんど行軍でしたよ


登山は約1時間半ほどでしたが、下山は4時間以上掛りました。とはいえ、この日は本当に得難い経験をさせてもらったことだけは確かでした。特に一緒に運び屋を担い苦楽を共にした曽我先生、環境省のせがわさん、杉山先生、政時さん、恵治さんご苦労様でした。その他の方もご苦労様でした。

白山登山道は今も昔もこうして多くの人々によって管理維持されてきたワケでして、その一端にかかわることができたことは幸いでした。かなり疲れましたケド。



NEXT Entry
春の訪れ
NEW Topics
キャンドルナイト☆ミ
1月号 (奇跡の2本目)
1月号
10月号
9月号
8月号
7月号
ほ、ほ、ホタル
Comment
こんばんは。夜勤中のほほーです。携帯からコメントしてます。ちなみに夜勤は平和です。昨日の神鳩の作業のことを知りたかったのでブログに載せてもらってありがとうございました(^▽^。爆笑してしまひました(^▽^。でも大変な作業でしたね。尾根を2つ越えたところがツボに来ました。どうもお疲れ様でした(^▽^。
No title
本当にお疲れ様でした。私は登山道に「引き上げた」ところで先にご無礼してしまい、最後まで全うできなくて、残された皆さんに申し訳なく思います。それにしても本当にすばらしい天候のもと、「すざましい」体験となりましたね。まずは神鳩小屋には携帯トイレを置いて「排泄物持ち帰り」をはじめなければなりませんね。定着するにはかなりの意識改革が必要となるでしょうが、逆にいえば環境を守るための先駆的な取組が石徹白から発信できるチャンスともいえます。是非これを機会に「○○持ち帰り運動」を盛り上げましょう。とりあえず白山清掃登山の案内に盛り込みたいですね。私も応援します。曽我先生にお願いしましたが、次回また臭くない作業に誘ってください。
No title
(・0・。) さんも行ければよかったんだけどね。

いずれにしてもそう何度も出来る経験ではなかったので、そう考えるとこれは自慢とも言えますね。うらやましがる人は少ないと思うけど。


S先生こそお疲れ様でした。

多分30数年ぶりくらい?に嗅いだ懐かしい臭いも近年では容易に体験できませんが、あそこまでハードな行軍もきっとこの先も経験できませんよ。

「○○持ち帰り運動」、いいですね。本当の意味で自然を満喫する作法というのを、石徹白から発信できるというのも素晴らしいことだと思います。こういった情報もホームページなどでも紹介していきたいですね。これからもいろいろご協力願うと思いますがよろしくお願いします。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

石徹白人

Author:石徹白人
石徹白(いとしろ)のささやかなニュースを発信するサイトです。
石徹白公式HP「石徹白人(いとしろびと)」制作委員会によって運営されています。

★石徹白ってどんなところ?★
岐阜県郡上市白鳥町石徹白。
岐阜県と福井県の県境・白山国立公園の南山麓に位置する小さな集落です。詳しくはこちらをご覧ください。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
889位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
35位
アクセスランキングを見る>>
石徹白人オンラインショップ
 

 おまたせしました。ついに、石徹白人オンラインショップがオープンしました!!

 Tシャツ、絵葉書、切手などなど、石徹白オリジナルグッズ、多数販売しています!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。