--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009. 09. 22  
 こんにちは。(・0・。) ほほーっです。

 昨日行なわれた「第四回白山神駈道荒行走破」に参加し完走いたしました。深夜0時に石川県一里野温泉の祓(はらい)谷登山口を出発し、夕方5時30分に石徹白登山口に到着しました。
 石徹白では壮年団やささゆりの会の皆さんがバーベキューを準備してくれて、到着を祝福していただきました。本当にありがとうございました。

 参加の様子を簡単にまとめてみます。

 前日の20日に石徹白から参加する杉山先生と元木夫妻と(・0・。) が学校に集合し、幸三君のクルマで一里野温泉へ向かいました。2時間ほどで到着し、会の主催の山岳会の山小屋に入りました。そこから23時まで、話をしたり横になったりしていました。次々と集まってくる参加者の皆さんは本当に登山が好きで若いけどベテランぞろいだったので初心者なんでずいぶん気後れしました。

 23時半から大会の説明を受け、記念撮影のあと出発しました。

出発


 最初の1時間、杉山先生が先頭となり、超ハイペースな登山となりました。石徹白側の登山なら1時間で大体3km歩けるのですが、石川側は標高570メートルから一気に勾配がきつくなるので、同じペースで歩くのは1時間で無理になりました。杉山先生を含めた先頭集団から一人抜ける格好で一人で登り続けました。今まで山登りは一人でやっていたのでこの方が慣れているのですが、地図も持たずに真夜中の山道を全く一人で歩くのはやっぱり心細かったです。この日は月は新月で星は綺麗でしたがあたりは真っ暗でした。

 怖いこともあって、美女坂で朝4時くらいで疲れて休み、風が冷たいので上に一枚着込んだとき、座っていたところから数メートルの笹薮のなかでガサガサっていう大きな音がしたので、「熊だ」と思ってリュックを持ってわーっと大声を出しながら走って逃げました。

 そうこうして大汝峰に8時に到着しました。

大汝峰
 
 登山で雲海を見るのは初めてでした。

雲海2

 ただ頂上から下を見ると標高が高いと怖くて仕方がなかったです。大汝から見た御前です。

御前峰

 大汝から御前峰に向かうのに大汝を降りるのですが、岩場だし強風が下から吹き上げてくるので降りるのも怖かったです。風で飛ばされそうでした。

 大汝を降りてから御前に上ろうとしたのですが、案内図が見た目と方向が同じでないので全然登り口が分からずうろうろしました。結果池めぐりをした挙句ようやく御前峰に登ることができました。

山頂

 御前から見た別山、室堂です。ちょうど御前に神駈のスタッフさんがみえたので、あの山はなんですか?と尋ねたら別山と教えてもらったので、やっと残りの行程のイメージがつきました。それまで出口の見えない歩きを続けているカンジだったので(^▽^;。

別山

 御前を降りると杉山先生と石徹白の修平さん、神駈のスタッフの方がみえました。そこからまた杉山先生と一緒に山を降りることになりました。室堂の売店で、ビールが売ってたので500円でしたが買いました。さっそく飲もうとしたところ、杉山先生から「絶対だめ」、修平さんからは「お前死ぬぞ?」と言われ、泣く泣くリュックに入れました。白山で買って歩いて石徹白まで運んだビールはきっと500円より価値があると思います。
 
 別山が見えるから残りは歩くイメージがつくなあ、と思いながら歩きましたが、別山まで10時から2時まで4時間かかりました。別山でご飯を食べて残りを歩いたのですけど、知っているはずの帰り道が何かいつもより長く、山は高く感じました。石徹白からなら三ノ峰から別山まで1時間で歩いたのに長時間歩いたせいか、本当にそんな時間で歩けたのか信じられなくなりました。

後姿

 そんなこんなで17時30分、無事ゴールすることができました。石徹白登山口には西嶋さんと神駈のスタッフの皆さんも出迎えてくださいました。みんなから祝福していただき、本当にうれしかったです。 それとバーベキューが到着前から盛り上がっていたみたいで、すでに来年出場する人まで決まったようでした。みんな本当にありがとうございました。

証を受けるほほー


 このたびの神駈道走破ですが、石徹白の地域づくり協議会の場で、「今の若い世代が白山に登ったことのないことが問題だ。」と言ったことから始まりました。6月に今年初めて銚子ヶ峰に登ったときは最初の階段で息があがり、途中で何度も休憩を入れました。2回目からは少し脚力のアップが実感でき、5回目からは三ノ峰まで登れるようになり、7回目にようやく別山まで行けるようになりました。それが9月17日でした。それから4日後の21日に加賀禅定道、美濃禅定道を走破することができました。
 みんなからすごくほめてもらえたのですが正直あまりすごいことをしたとは思えなかったです。でもリタイヤした方がみえて、やはり過酷だったのかなと思ったりもしました。

壮年団とささゆりの会

 文章が長くなり、写真もあまり撮れなかったのでつまらないブログになってしまいましたが、最後まで読んでくださって、本当にどうもありがとうございました。足の筋肉痛は強いですが歩いたりは全然大丈夫です。これからも石徹白からの登山愛好家の皆様に見ていただけるようなブログにしたいと思っています。よろしくお願いいたします。
 
                            ありがとうございました。   (・0・。) ほほーっ
 
 こんにちは。(・0・。) ほほーっです。
 神駆の写真を杉山先生からいただいたのでアップします。なんせ写真を携帯カメラで直に撮るという荒業なので不鮮明極まりないですが、ある意味ちょうどよいのかもしれません。よかったら見てください。 

 元木さん夫婦の到着記念撮影です。チーム石徹白は全員完走できました。

元木さん到着
 
 室堂で撮ってもらった修平さんと杉山先生と(・0・。) です。

修平さんと杉山先生
 
 トンビ岩です。どこからどう見たらトンビなのか、今ひとつ分かりません。

トンビ岩

 後ろは別山です。

別山前
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
いとしろふれあい運動会
NEW Topics
キャンドルナイト☆ミ
1月号 (奇跡の2本目)
1月号
10月号
9月号
8月号
7月号
ほ、ほ、ホタル
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

石徹白人

Author:石徹白人
石徹白(いとしろ)のささやかなニュースを発信するサイトです。
石徹白公式HP「石徹白人(いとしろびと)」制作委員会によって運営されています。

★石徹白ってどんなところ?★
岐阜県郡上市白鳥町石徹白。
岐阜県と福井県の県境・白山国立公園の南山麓に位置する小さな集落です。詳しくはこちらをご覧ください。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
881位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
30位
アクセスランキングを見る>>
石徹白人オンラインショップ
 

 おまたせしました。ついに、石徹白人オンラインショップがオープンしました!!

 Tシャツ、絵葉書、切手などなど、石徹白オリジナルグッズ、多数販売しています!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。