--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 09. 21  
 12時30分、登山口到着で登山開始。石徹白に比べて標高の低いここはジグザグの登りをくり返す。一昨年の初参加のときはS先生のめちゃくちゃなハイペースに着いていったので奥長倉まであっという間だったが、今年は完走を目指しているので時速2キロでゴールを目指す。途中ににちょうとぎの標柱に従い御仏供水(おぶくみず)を汲みに行く。今回はこれは任意だったので(・0・。) 以外の参加者はスルーだったらしい。



 去年の逆駈では寒く喉も渇かなかったが、今年はなぜか蒸し暑いカンジだった。出発のときのリュックの重さを抑えるために水は500mlしか持っていなかったので、水分補給をしたくてここに寄る事にした。容器にポカリスエットの粉末を入れ黒いパイプから流れる水を詰めていたら、パイプから虫が流れてきたので思わず容器をはずして虫が入るのを防いだ。

 水分補給して道を戻ると最後尾になっていた。アンカーのHさんが気づいて驚いていた。ちょうどここに蜂の巣があり、Hさんは刺されたらしい。後で聞くとS先生も刺されたそうだ。(・0・。) は刺されずにすんだ。
 2時30分。登山口は0時30分だったのでここは4キロ地点か。

 いつまで歩いても奥長倉避難小屋が見えてこない。前回はあっという間だった。ただそこから10分だけの休憩では歩き始められずS先生らと離れたのだった。

 4時10分。ようやく奥長倉避難小屋に到着。ここはチェックポイント。通過表を記入し壁にピンで固定しておくのだが、アンカーさんと一緒なので手渡しする。

 DSCF5206.jpg

 ここから遠くに街の明かりが見える。シャッターを8秒間にして手に持って撮ったのでブレブレだけれど街の明かりが見えるのは少し感動する。今は真夜中だしね。

 避難小屋から少し歩くと8キロの表示がある。石徹白で言えは三ノ峰の途中を歩いていることになる。風が強いが去年の別山あたりと比べて寒くないのは、道の両側に木が生えていて風にじかに当たらないからだった。去年の別山あたりでは寒くて死ぬかと思った。このころから水の流れる音がする。道をずっと歩いていると似たような道に感じられ、同じ道をぐるぐる回っているのではないかと不安になった。

DSCF5216.jpg

 次第に坂が急になり、ああ、ここが美女坂かと思う。前回はいつまでたっても登り続ける感じがしたが、今回は美女坂の頭までわりと早く上がれた。ここで雲が赤く染まってきた。時間は5時30分。

DSCF5221.jpg

 そうすると百四丈の滝が見えてきた。前回は夜中で何も見えなかった。途中で聞こえた水の音はこの滝だった。やっちんさんのブログで写真は散々見てきたが、それを実物で見られたのはうれしかった。

DSCF5228.jpg

DSCF5229.jpg
 
DSCF5234.jpg

 美女坂の頭を過ぎると街は下界でこのへんは天に近い場所だなと思いながら歩く。木でできた橋のような道は意見は分かれるかも知れないが、自分のように足の弱い人間には便利だと思った。

 いろいろ写真を撮っていたので後続に追いつかれ、ここからまたMさんと同伴して山を登った。
NEXT Entry
平成23年度 ふれあい大運動会
NEW Topics
キャンドルナイト☆ミ
1月号 (奇跡の2本目)
1月号
10月号
9月号
8月号
7月号
ほ、ほ、ホタル
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

石徹白人

Author:石徹白人
石徹白(いとしろ)のささやかなニュースを発信するサイトです。
石徹白公式HP「石徹白人(いとしろびと)」制作委員会によって運営されています。

★石徹白ってどんなところ?★
岐阜県郡上市白鳥町石徹白。
岐阜県と福井県の県境・白山国立公園の南山麓に位置する小さな集落です。詳しくはこちらをご覧ください。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
631位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ローカル
17位
アクセスランキングを見る>>
石徹白人オンラインショップ
 

 おまたせしました。ついに、石徹白人オンラインショップがオープンしました!!

 Tシャツ、絵葉書、切手などなど、石徹白オリジナルグッズ、多数販売しています!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。